" "
エンジニア採用ブログTOP-2

▼今人気のエンジニア採用お役立ち資料

IT業界における中途採用状況アンケートのリンクバナー

ITエンジニア採用のための最新トレンド情報!企業の採用状況・求人倍率・応募効果まとめ ー2020年12月版ー

Posted by type部(法人企業マーケティング担当) on 2020年12月16日
type部(法人企業マーケティング担当)
Find me on:

Topics: 採用市場・市況, エンジニア採用, 新型コロナウイルス, 転職者動向, アンケート調査結果

新型コロナウイルス感染症拡大の長期化によって、ここ1年間で中途採用市場は大きく変化しました。

 

企業様においても、採用計画の見直しや、リモートワーク下におけるWeb面接の整備など、諸々対応を余儀なくされたことかと思います。

 

今回の記事では、最新のトレンド情報として、2020年12月時点でのエンジニア採用市場の動向、主には各企業の中途採用状況・ITエンジニアの新規有効求人倍率の推移、転職サイト内での求人数推移とエンジニア転職者の応募数推移・応募者属性についてご紹介します。

 

2021年以降のご採用計画にお役立ていただけたらと思います。

 

 

 目次

  1. 企業の中途採用状況

    (1)調査概要

    (2)現在「採用している」と回答した企業の結果

    (3)2021年の採用計画について

  2. ITエンジニア採用市場のトレンド

    (1)2020年10月の新規有効求人倍率推移(厚生労働省のデータより)

    (2)総合求人媒体5社におけるITエンジニアの求人数推移と職種別で占める割合

    (3)typeサイト内ITエンジニア求人への応募属性から見る転職者動向

    (4)typeサイト内ITエンジニア会員属性から見る転職者動向

     

 

 

 

 

1.企業の中途採用状況

 

(1)調査概要

アンケート実施期間:2020年12月2日(水)~12月8日(火)

有効回答数:91社

調査方法:中途採用担当者を対象にWeb上で調査

 

<業種内訳>

業種-2

 

<従業員規模>

従業員規模-2

 

■現在、中途採用活動を行っていますか?(単一選択)

(アンケート回答)企業の中途採用状況-1

「現在中途採用を行っていますか」という問いに対して、81%の企業で「採用している」との回答が得られました。

 

2020年8月に89社に同様のアンケートを実施した際は「採用している」と回答した企業が57%でしたので、4ヶ月の間に24%増加しており、採用活動を復活させている企業が増えてきていることがわかります。

 

 

(2)現在「採用している」と回答した企業の結果

 

■現在採用している職種を教えてください(複数選択)

(アンケート回答)中途採用中の職種-2

採用している職種において、1番回答が多かったのは「エンジニア経験者」で60.8%と半数を超える結果に。

 

次いで「営業経験者」が36.5%、3番目が「エンジニア未経験者」で20.3%でした。

全体的に経験者採用を行っている企業の回答が目立ちました。

 

 

■現在採用しているポジションを教えてください(複数選択)

(アンケート回答)中途採用中のポジション

採用中のポジションでは「メンバークラス(中堅)」が73%、「メンバークラス(若手)」も68.9%とそれぞれ約70%を占めており、メンバー層の採用を行う企業が多いことが分かります。

 

 

■コロナ前と比較して現在の採用状況に当てはまるものをご選択ください(単一選択)

(アンケート回答)コロナ前後での採用状況の変化

コロナ前後での採用状況については「変化なし」が53%なのに対し、「採用しやすくなった」と回答した企業と「採用が難しいと感じている」と回答した企業がそれぞれ27%と20%と約半々の結果に。

 

それぞれ、その様に感じている理由についての回答では、どちらも「応募」に関する記述が圧倒的に多い傾向にありました。

 

「採用がしやすくなった」と感じている企業ではこれまでよりも「若手や経験者からの応募が増えた」と感じているのに対し、「採用が難しい」と感じている企業では「未経験者や年齢が高い人からの応募が増えた」と感じているといった両極端な回答が目立ちました。

 

 

中途採用におけるオンライン面接について教えて下さい(単一選択)

(アンケート回答)オンライン面接導入率-1

オンライン面接においては、74%の企業が導入している結果が得られました。

前回8月の調査で80%の企業が導入していると回答したのに対し、6%程下がる結果です。

 

 

■現在の応募から内定出しまでの平均期間を教えて下さい(単一選択)

(アンケート回答)応募から内定だしまでの期間

応募から内定だしの平均期間においては、3週間以内の企業が70%を占めていることが分かりました。

 

よく、中途採用市場においては「選考期間は短いほうがいい」と言われることが多いですが、実際に以前弊社が転職者に行ったアンケート調査でも「一番最初に内定をもらった会社に入社を決意した」という転職者が50%程度というデータもございましたので、面接の日程調整からなるべく早く行っていただき、選考を早く終わらた分、内定者のフォローに時間を割いていただくとよいかと思います。

 

 

(3)2021年の採用計画について

 

2021年以降の採用計画について教えて下さい(現在採用していると回答した企業)(単一選択)

(アンケート回答)2021年以降の採用計画

現在採用をしている企業の回答結果では、2021年以降も約80%の企業が採用活動を行うと回答しています。

その内35%が採用拡大の予定ですので、2020年に一気に求人数は減少しましたが、2021年以降、徐々に復活していくことが予測されます。

 

 

今後の中途採用再開見込みについて教えて下さい(現在採用していないと回答した企業)(単一選択)

(アンケート回答)現在採用していない企業の2021年以降の採用計画

現在採用していないと回答した企業の回答では、今後の採用活動見込みにおいて、上半期に再開予定と回答した企業が約30%、下半期と回答した企業が6%でした。

約50%の企業で採用の見通しが立っていない状況です。

 

 

■今後の採用手法について教えてください(採用している・していない企業合算の回答)(複数選択)

(アンケート回答)中途採用で活用している採用手法

採用手法については、求人サイト(掲載型)を活用する予定と回答した企業が約70%を占めました。

 

求人サイト(掲載型)を活用すると回答した企業のうち、併用して活用すると回答している採用手法については以下の通り自社HPが60%、次いで人材紹介とリファラル採用が35%ずつの回答結果が得られました。

(アンケート回答)求人サイト(媒体型)と併用している中途採用手法

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

▼2020年12月の調査結果レポート結果はこちら

 【最新】IT・Web企業向け|コロナ禍での中途採用活動状況に関するアンケート
 
 
人事向けアンケート結果1人事向けアンケート結果2
 
資料の一部をクリックして見る
 

<この資料はこんな企業様にオススメ>

「コロナ禍における最新の採用市場動向データが欲しい」
「コロナ流行が再拡大するなかで、他社の中途採用の動きについて知りたい」
「コロナ禍において、他社実施している中途採用手法や選考フローなどについて知りたい」
 

無料で資料をダウンロードする

 

調査結果をまとめたブログ記事はこちら

 

また、過去実施時のレポートは以下よりダウンロードいただけます!

 

▼【無料DL】前回実施の2020年8月の調査結果レポートはこちら
 
企業向けアンケート企業向けアンケート3
 

無料で資料をダウンロードする

 

調査結果をまとめたブログ記事はこちら

 

 

2.ITエンジニア採用市場のトレンド

次に転職者動向を踏まえたデータを見ていきたいと思います。

 

(1)2020年10月の新規有効求人倍率推移(厚生労働省のデータより)

 

■エンジニア(情報処理技術者)新規求人倍率推移(※図:弊社作成)

エンジニア(情報処理技術者)新規有効求人倍率推移 2019年12月~2020年10月

厚生労働省のデータによると、情報処理技術者の新規有効求人倍率は、新型コロナウイルス感染拡大長期化の影響を受け、2019年12月の4.74倍をピークに2020年4月に2.38倍まで下がり、そこからは、ほぼ横ばい状態が続き2020年10月時点で2.49倍を記録しています。

 

全体の新規求人倍率と比較すると、2019年12月時点の全体の新規求人倍率は2.21倍だったのに対しITエンジニアは4.74倍でしたので、およそ2倍の差がありました。

 

一方、2020年10月の全体の新規求人倍率を見てみると1.74倍なのに対し、ITエンジニアは2.49倍とその差はおよそ1.5倍に。

約0.5倍ほど、差が縮まっている状況です。

 

 

(2)総合求人サイト5媒体におけるITエンジニアの求人数推移と職種別で占める割合

 次に、直近半年の総合求人媒体の求人数の変化を見ていきましょう。

 

■IT・通信・Webエンジニア求人数推移(図:弊社作成)

IT・通信・Webエンジニア求人数推移(5月を1とした場合)

各社、新型コロナウイルス感染症を機に求人数が低下しましたが、5月を1として8月・11月の求人数推移を比較したところ、全求人サイトで徐々に増加している傾向がみられます。

 

 

■求人サイト5社合算 職種別求人数割合(図:弊社作成)

求人サイト5社合算 職種別求人数割合(化学・バイオ関連を1とした場合)

職種別で11月時点の求人数割合を見てみると、IT・通信・Webエンジニアの求人数は土木設計、建築・設備設計系の求人に次いで2番目に多く、採用活動を行っている企業は多い傾向にあることが分かります。

 

 

(3)typeサイト内ITエンジニア求人への応募属性から見る転職者動向

 次に、typeサイト内のITエンジニア求人への応募者の属性から、転職者の動きを見ていきます。

 

冒頭の人事担当者様に行ったアンケートで、採用されている企業が多かった「エンジニア経験者」かつ、若手~中堅層の応募データを昨年と今年で比較してみました。

 

■ 【type】IT・通信・Webエンジニア求人への20~30代ITエンジニア経験者応募数推移(図:弊社作成)

IT・通信・Webエンジニア求人への20~30代ITエンジニア経験者応募数推移-1

例年、年末にかけて応募者の動きは鈍化傾向にありますが、1月を1とした場合に今年は11月時点では鈍化することなく右肩上がりで応募数が増加しており、ITエンジニアの経験者が今年はより活発に転職活動を行っていることが分かります。

 

では、求人数はどのような推移となっているでしょうか。

 

■IT・通信・Webエンジニア求人数推移(1月を1とした場合)

 IT・通信・Webエンジニア求人数推移(1月を1とした場合)

1月を1とした場合に、2020年は6月にかけて右肩下がりで低下しましたが、そこから11月にかけて求人数が増加し、昨年と同水準まで求人数が復活しています。

 

2つの図を元に、求人数に対する応募数の推移を前年と比べて見た場合に、11月の求人数はあまり変化が無いのに対し、応募数が今年は昨年と比べておよそ2倍増加しているため、1求人当たりの応募数が増加していることがわかります。

 

■(前年比)IT・通信・Web求人1求人あたりの20~30代ITエンジニア経験者応募数割合(図:弊社作成)

(前年比)IT・通信・Web求人1求人あたりの20~30代ITエンジニア経験者応募数割合

実際にエンジニア求人への経験者の応募に関して、1求人あたりの数値を見ると、昨年と比較して2.14倍に増加しており、企業にとっては昨年よりも経験者の母集団の形成がしやすい状況となっています。

 

 

(4)typeサイト内ITエンジニア会員属性から見る転職者動向

最後に、実際に転職活動を行っているエンジニアの方の中でも、具体的にどのような層の方が動いているのか、6月から新規登録した会員データを元に見ていきましょう。

 

▼調査概要

登録期間:2020年6月1日~2020年11月30日間の新規会員登録者

経験職種:IT・通信・Webエンジニア / プロジェクトマネージャー・ITコンサル 

 

■学歴

短大卒業以上:68%

(学歴)IT・通信・Webエンジニア、プロジェクトマネージャー・ITコンサル type会員属性

 

■年齢

20代~30代:78%

(年齢)IT・通信・Webエンジニア、プロジェクトマネージャー・ITコンサル type会員属性

 

■就業状況

就業中の方:68%

(就業状況)IT・通信・Webエンジニア、プロジェクトマネージャー・ITコンサル type会員属性

 

■経験職種

偏り無く幅広い経験者層

(経験職種)IT・通信・Webエンジニア、プロジェクトマネージャー・ITコンサル type会員属性

 

20代30代の方が約8割と、若手の経験者の方が中心となって転職活動を行っていることがわかります。

また就業中の方も約7割いらっしゃることがわかりました。

 

20~30代の経験者の方はどの企業の方も採用したい層として挙げることが多く、かつ、就業中の方は平均10社応募される傾向にありますので他社とのバッティングが多くなります。

 

母集団形成の参考ブログや、面接の動機づけ方法のブログなど、過去の記事や無料e-bookも是非ご参考ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼ブログ記事

 

 

▼エンジニア採用に役立つ無料e-book

 

「エンジニア採用を失敗しないための事前準備3ステップ」

エンジニア採用を失敗しないための事前準備3ステップ-1

■この資料はこんな企業様にオススメ

1.中途採用担当者になったばかりでまずは何をすればいいか知りたい

2.採用活動をしているがなかなか採用ができず困っている

3.エンジニアの経験者を採用するためのノウハウを知りたい

 

資料ダウンロードページへ移動する

 

 

採用成功につなげる中途採用面接のノウハウ

【type】採用につなげる面接ノウハウ-1

■この資料はこんな企業様にオススメ

1.面接後・内定後の辞退に悩んでいる

2.面接のノウハウを知りたい

資料ダウンロードページへ移動する

 

 

「あなたの企業はどれくらいできてる?中途採用成功のためにやるべきことまとめ」

あなたの企業はどれくらいできてる?中途採用成功のためにやるべきことまとめの画像-1

■この資料はこんな企業様にオススメ

1. 中途採用に苦戦しているが、どの点が課題となっているか分からず対策が立てられない

2. 選考の辞退率が高い、内定を出しても承諾に至らないなど選考フローに課題を抱えており、解決策を知りたい

3. 自社の採用活動が正しく行えているかチェックをしたい

 

資料ダウンロードページへ移動する

 

 

 

 

\エンジニアの経験者採用にオススメの転職サイト「type」/

弊社が運営している「type」は総合媒体に当たりますが、エンジニア経験者の採用に強みをもった求人媒体です。

・エンジニアの経験者を求めて採用を行っているが、応募が集まらない

・成功報酬の人材紹介を検討したが、採用予算を削減したい

・エンジニア経験者の採用ノウハウや動向を知りたい

というご担当者様は、是非ご相談ください。

▼ 日本最大級のエンジニア経験者採用向け転職サイト「type」▼

eng_kasuga

 

 POINT1   会員の5人に1人がエンジニア経験者

 POINT2   AIマッチング、ターゲティングスカウト、エンジニア採用に適したツールが豊富!

 POINT3   2職種掲載で採用コスト削減!職種やスキル別など柔軟に原稿を分けて掲載ができる

サービスサイト:https://info.type.jp/engineer-recruitment/

 

typeへのご相談・資料請求はこちらから

 

 

▼menu

エンジニア採用TOPページ
女性採用をお考えの企業様へ
エンジニア採用お役立ち資料
女性採用 お役立ち資料
Click me
エンジニア採用情報 お届けブログ
女性採用情報 お届けブログ
新型コロナウイルス関連の採用お役立ち資料一覧

|PICK UP記事 #エンジニア採用ノウハウ

最近の記事

ブログの最新情報を受け取る

type_seminar-1
" "