" "

えるぼし認定・くるみん認定制度とは?認定のメリットや申請方法など事例と共に徹底解説

Topics: 女性採用, 女性活躍推進, 国の施策・法律, 採用後の定着, 働く制度・環境

前回の記事で、2022年4月1日から「常時雇用する労働者数が101人以上300人以下の事業主」も女性活躍に関する状況把握、課題分析を行い、報告することが義務づけられているため、行動計画の策定や具体的な取組内容をまとめる際に必要である「一般事業主行動計画」について具体的にご紹介いたしました。

この行動計画を策定し、届出を行った企業のうち、活動状況が優良な企業は、都道府県労働局への申請によって、厚生労働大臣が一定の基準を満たした女性の活躍促進に関する状況などが優良な企業を認定する「えるぼし認定」を受けることができます。

今回はこの「えるぼし認定」制度や、厚生労働大臣が「子育てサポート企業」として認定する「くるみん認定」についてお伝えできればと思います。

woman-recruitment-guidebook-preparation_210912

~女性活躍に関する状況把握、課題分析にご活用ください~

【無料e-book】女性採用を成功するための事前準備4ステップ
女性採用をこれからスタートされる企業様向けに、「事前に準備するべき4つのステップ」「女性が活躍できる環境づくりで企業が取り組むべきこと」などをまとめた資料です。
資料をダウンロードする

 

 

1|えるぼし・プラチナえるぼし認定とは

 
 
 

 えるぼし認定について

 
「えるぼし認定」とは、女性活躍推進法に基づき、一定基準を満たし、女性の活躍促進に関する状況などが優良な企業を認定する制度です。マークのデザインの由来は、社会でエレガントに力強く活躍する女性をイメージしており、様々な企業や社会の中で活躍し、星のように輝く女性への「エール」と、そんな輝く女性が増えていくようにとの願いを込めて「えるぼし」としました。

また、えるぼしの「える」はアルファベットの「L」を意味し、「Lady(女性)」や「Lead(手本)」、「Laudable(称賛)」、「Labor(働く、取り組む)」など様々な意味があります。

eruboshi-02-220301

参考:厚生労働省(女性活躍推進法認定マークの愛称を決定しました)

 

女性活躍推進法とは 【あわせて読みたいおすすめの記事】
女性活躍推進法とは|日本企業における課題と企業が取り組むべき5つのポイント
 


 

 えるぼし認定 取得方法

 
えるぼし認定を取得するには、「一般事業主行動計画」の策定と届出などが必要です。行動計画の策定や届出を実施した企業のうち、評価基準を満たす企業が都道府県労働局への申請によって、えるぼし認定を受けることができます。申請手順や取得条件については「【 2022年4月女性活躍推進法改正 】一般事業主行動計画についてわかりやすく解説!」の記事にてまとめておりますので、リンクから是非ご確認ください。
 
 

| えるぼし認定基準について

採用されてから仕事をしていく上で、女性が能力を発揮しやすい職場環境であるかという観点から、以下5つの評価項目が定められていて、その実績を「女性の活躍推進企業データベース」に毎年公表することが必要です。

  1. 5つの評価項目
    1. 採用
    2. 継続就業 
    3. 労働時間等の働き方
    4. 管理職比率
    5. 多様なキャリアコース

では、項目1つずつ詳細をみていきましょう。

1. 採用
男女別の採用における競争倍率(応募者数/採用者数)が同程度であること

※直近3事業年度の平均した「採用における女性の競争倍率×0.8」 が、直近3事業年度の平均した「採用における男性の競争倍率」よりも雇用管理区分ごとにそれぞれ低いこと。

又は、直近の事業年度において、次の(i)と(ii)の両方に該当すること

(i) 正社員に占める女性労働者の割合が産業ごとの平均値(平均値が4割を超える場合は4割)以上であること。
(ii) 正社員の基幹的な雇用管理区分における女性労働者の割合が産業ごとの平均値(平均値が4割を超える場合は4割)以上であること
(※) 正社員に雇用管理区分を設定していない場合は(i)のみで可。

 

2. 継続就業
直近の事業年度において、次の(i)と(ii)どちらかに該当すること

(i) 「女性労働者の平均継続勤務年数」÷「男性労働者の平均継続勤務年数」が雇用管理区分ごとにそれぞれ7割以上であること。(※) 期間の定めのない労働契約を締結している労働者に限る。
(ii) 「女性労働者の継続雇用割合」÷「男性労働者の継続雇用割合」が雇用管理区分ごとにそれぞれ8割以上であること。(※) 継続雇用割合は、10事業年度前及びその前後の事業年度に採用された労働

 ※上記を算出することができない場合は、以下でも可。
直近の事業年度において、正社員の女性労働者の平均継続勤務年数が産業ごとの平均値以上であること

 

3. 労働時間等の働き方
雇用管理区分ごとの労働者の法定時間外労働及び法定休日労働時間の合計時間数の平均が、直近の事業年度の各月ごとに全て45時間未満であること

 

4. 管理職比率
直近の事業年度において、管理職に占める女性労働者の割合が産業ごとの平均値以上であること
又は
「直近3事業年度の平均した1つ下位の職階から課長級に昇進した女性労働者の割合」÷「直近3事業年度の平均した1つ下位の職階から課長級に昇進した男性労働者の割合」が8割以上であること

 

5. 多様なキャリアコース
直近の3事業年度に、大企業については2項目以上(非正社員がいる場合は必ずAを含むこと)、中小企業については1項目以上の実績を有すること

A  女性の非正社員から正社員への転換
B  女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分間の転換
C  過去に在籍した女性の正社員としての再雇用
D  おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用

 

えるぼし認定を取得するにはこれらの基準をクリアする必要があります。
 
 

| えるぼし認定段階について

 

「えるぼし認定」の段階は3段階あり、上記5つの評価項目のうち、えるぼしの基準を満たしている項目数に応じて取得できる段階が決まります。
 
eruboshi_04n-02-220301

【1~2つの基準を満たす:1段階目

●5つの基準のうち1~2つの基準を満たしており、その実績を「女性の活躍推進企業データベース」に毎年公表していること
●満たしていない基準については、事業主行動計画策定指針に定められた取組の中から当該基準に関連するものを実施し、その取組の実施状況について「女性の活躍推進企業データベース」に公表するとともに、2年以上連続してその実績が改善していること

 

eruboshi_03n-02-220301

【3~4つの基準を満たす:2段階目

●5つの基準のうち3~4つの基準を満たしており、その実績を「女性の活躍推進企業データベース」に毎年公表していること
●満たしていない基準については、事業主行動計画策定指針に定められた取組の中から当該基準に関連するものを実施し、その取組の実施状況について「女性の活躍推進企業データベース」に公表するとともに、2年以上連続してその実績が改善していること

 

eruboshi_02n-02-220301

【5つ(全て)の基準を満たす:3段階目

●5つの基準のうちすべての基準を満たしており、実績を「女性の活躍推進企業データベース」に毎年公表していること

  • ※各段階すべて、下記3つの基準もすべて満たすこと。
  • ●事業主行動計画策定指針に則して適切な一般事業主行動計画を定めたこと。
    ●策定した一般事業主行動計画について、適切に公表及び労働者への周知をしたこと。
    ●女性活躍推進法及び女性活躍推進法に基づく命令その他関係法令に違反する重大事実がないこと

より高いグレードを取得している企業ほど、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の証明となります。その中でも、より高い水準の要件を満たした企業は「プラチナえるぼし認定」を受けることができます。

 

                   
 
 

 プラチナえるぼし認定

 

「プラチナえるぼし認定」は、令和2年6月1日より女性活躍推進法に基づいて、厚生労働省が実施している「えるぼし」認定企業のうち、取り組みの実施状況が特に優良である等の、一定の要件を満たした場合に認定されるものです。
eruboshi

「プラチナえるぼし認定」を受けるためには、「えるぼし認定」(3段階のうちのいずれか)を受けているほかに、下記の要件を満たしている必要があります。

・5つの評価項目を、プラチナえるぼしの基準で全て満たしている
・策定した一般事業主行動計画に基づく取り組みを実施し、当該行動計画に定めた目標を達成している
・男女雇用機会均等推進者、職業家庭両立推進者を選任している
・女性活躍推進法に基づく情報公表項目(社内制度の概要を除く)のうち、8項目以上を「女性の活躍推進企業データベース」で公表している
  •  
プラチナえるぼし認定を受けるためには、新たに設けられた基準を満たすだけでなく、えるぼしの基準よりも更に高い基準を求められるものとなっており、えるぼし認定企業のうち、一般事業主行動計画の目標達成や女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況が、特に優良である等の一定の要件を満たした場合に認定されます。

 
 

 

2|認定メリット

 
 
では、認定されたらどんなメリットがあるのでしょうか。 認定の取得によるメリットを挙げていきます。
 
 

 優秀な人材の確保や企業イメージの向上につながる

 
認定を受けた企業は、自社の商品や名刺、パンフレット、広告など採用活動において、段階に応じた「えるぼし」または「プラチナえるぼし」の認定マークを使用することが可能になります。厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」サイトにも「えるぼし認定企業」として掲載されるため、女性が活躍できる企業ということを社内外にアピールすることが出来ます。
 
また、求人広告や求人票にも認定マークがあることで、長く働きたいと考えている女性やキャリアアップを目指したい方など、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等につながることが期待できます。
 
 
 

 各府省等による公共調達で加点評価を受けられる

 
平成28年10月以降より、えるぼし認定企業など、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく認定企業は、各府省等による公共調達で加点評価を受けることができ、優遇されるようになりました。ワーク・ライフ・バランス等を推進する企業を積極的に評価し、これらの企業の受注機会の増大を図る観点から、総合評価落札方式又は企画競争による調達を行うときは、えるぼし認定企業などのワーク・ライフ・バランス等推進企業を評価する項目を設定することとしています。
 
評価項目例 認定の区分 総配点に占める割合(評価の相対的な重要度等に応じ配点)
<配点例>
10%の場合 5%の場合 3%の場合
ワーク・ライ
フ・バランス
等の推進に関
する指標
3段階目 10% 5% 3%
2段階目 8% 4% 2%
1段階目 5% 2% 1%
中小企業の行動計画 2% 1% 0.5%
 
※えるぼし認定などのない企業は加点がされません
※配点割合も含めた加点評価の詳細については、契約の内容に応じ、公共調達を行う各府省等において定められます。
 
  
 
 
 

 日本政策金融公庫による低利融資を受けられる

 

日本政策金融公庫(中小企業事業・国民生活事業)において実施している「働き方改革推進支援資金(企業活力強貸付)」を利用する際、一定の条件を満たしていれば、通常よりも低金利で融資を受けることができます。働き方改革推進支援資金は、融資を通じて非正規雇用の処遇改善を進めたり、事業所内に保育施設を整備する際の資金を借入できる仕組みです。優遇利率は、基準利率から最大マイナス0.65%と融資を受けたい場合に大きなメリットとなります。

※基準利率(貸付期間が19年超20年以内の場合): 中小企業事業1.45%(令和4年3月1日時点)

 

キービジュアル-1

【オンラインセミナーを定期的に開催してます】
「オンラインでもうまく見極め・動機付けを行う方法」
「明日から使える志望度をあげる面接官になるテクニック」など採用ノウハウを提供するセミナ
ーを開催してます! セミナー情報ページへ移動する 

 

 

 

 

3|えるぼし認定企業事例

 
令和4年1月末日現在、女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定企業は1641社、「プラチナえるぼし」は23社でした。
 
えるぼし認定企業では、女性の活躍を進めていくため、どのような取り組みを行っているのでしょうか。女性の活躍推進のために工夫している事例を紹介していきます。
 
 

 

 えるぼし認定企業事例

 

| 化粧品の製造業

 

設立 従業員数 平均年齢 女性採用比率 平均継続勤務年数
2000年代 100~299名
(女性比率64.7%)
男性:36~40歳
女性:31~35歳
6年

【女性活躍の推進に関する基本的な考え方等】

化粧品を製造するOEM事業を展開しており、作業工程では、手先の器用さと小さな違いに気付くきめ細かさが求められることから、女性に向いている事業内容であり、実際に、パート従業員の9割は女性が占めています。

人手不足のため、同じ地域の他社工場と人材の奪い合いが激化。また、女性の力が特に必要な業種であるため、新工場の竣工に伴い女性を中心に採用を拡大することが喫緊の課題でした。そのため、女性活躍の推進に関する各種取組を行うことで、平成29年に「えるぼし認定」を取得し、女性が働きやすい職場としてブランディングすることで、他社との差別化を図っています。

さらに、働きやすい職場とするため、テレワークの導入や工場に隣接した事業所内保育所を新設するなど、子育て中でも就業できる環境を整えているそうです。
 
【取組内容】
 
①管理職研修の対象候補拡大と管理職候補者への意識付け
 
・厚生労働省が提供している「一般事業主行動計画策定入力支援ツール」を活用したところ、従業員に占める女性比率(約65%)と比較して女性管理職比率が低い(25%)ことが判明
・「女性は管理職になりたがらない」という思い込みがあったが、実際に話を聞いてみると、育児が落ち着いた時期など、タイミングさえ合えば管理職になりたいと考える女性もいることから、意識的に取り組む必要があると認識
「管理職候補」も含めた管理職を対象とした研修を実施し、男女関係なく、会社経営の考え方や他部署との連携などについて、ワークショップ形式での研修を実施
 
②残業時間の削減に向けた取組
 
・毎週水曜日をノー残業デーとし、定時退社を呼び掛け
→本取組を実施することで職場環境が改善され、より働きやすい職場になると考える
→今後は、部署によってノー残業デーの曜日を変えるなど、運用面を検討し、無理のない範囲で実施検討
 
③男性の育休取得の促進

・男性でも育休が取れることを個別に周知
・男性の育休取得率は3割

 
questionnaire-of-management_210912

【無料e-book配布中】管理職関するアンケート調査レポート

1.働く女性の管理職に関する本音
  -管理職になりたい?なりたくない?その理由について
  -管理職になってよかったこと・よくなかったこと
2.管理職になりたい気持ちに影響する要因とは
3.問題視されている日本企業の管理職における女性比率の低さについて
4.今企業が取り組むべきこととは
資料をダウンロードする >

 

| 情報通信業

 
設立 従業員数 平均年齢 女性採用比率 平均継続勤務年数
1990年代 100~299名
(女性比率48.1%)
男性:36~40歳
女性:31~35歳
50.0% 4年

 

【女性活躍の推進に関する基本的な考え方等】
 
平成28年度に「えるぼし認定」を取得。
主力事業は女性を対象としたモバイルコンテンツ事業であり、多くの若い女性従業員が活躍。
どのような取組を実施しているかを従業員等に示すことで、結婚、出産などといったライフイベントを迎えても働き続けられる会社であることをアピールし、従業員のモチベーションを上げているそうです。
 
また、近年の求職者は労働環境や福利厚生に関心が高いこともあり、働き方改革の一環として、残業時間の削減に向けて、残業時間の管理の徹底などにも取り組まれています。
 
【取組内容】
 
①成果を給与に反映させる短時間勤務制度の導入
 
・育児しながらでも仕事を制限することなく、キャリアを伸ばしたいと考える従業員から相談や要望が多く寄せられたことから、平成28年度以降、勤務時間を短縮して給与が減額される通常の短時間勤務制度とは別に、育児を行っている従業員を対象に、労働時間に関係なく成果によって評価し、通常勤務と同等の給与とする短時間勤務制度を新たに導入
・モチベーションの高い従業員には継続就業してもらいたいため、従業員個々の希望によって、通常の短時間勤務を取得するか、成果による評価を前提とした短時間勤務を取得するか、働き方を柔軟に選択できるように変更
 
②テレワーク制度の適用範囲の拡大
 
・テレワーク制度(在宅勤務制度)については、平成27年度から、1人で対応が可能な業務に従事する従業員に限定して導入していたが、育休から復帰して継続就業する従業員も増えたため、平成29年から、育児への対応であれば職種に限らず誰でも活用できるものとした
・子どもが病気の際などに従業員が仕事と育児の「板挟み」になることなく、精神的な余裕ができている
 
 
 

4|くるみん・プラチナくるみんとは

 

これまで、「えるぼし認定」は女性活躍推進法をもとに、女性が社会で活躍できるよう後押しするための認定制度とお伝えしてきました。ここからは、よく間違えられる「くるみん認定」についてお伝えできればと思います。

 

次世代育成支援対策推進法(次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境を整備するために定められた法律)に基づき、常時雇用する労働者が101人以上の企業は、労働者の仕事と子育てに関する「一般事業主行動計画」の策定・届出、外部への公表、労働者への周知を行うことが義務とされています(100人以下の企業は努力義務)。
「くるみん」とは、この一般事業主行動計画を策定及び策定した旨の届出を行った企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業を「子育てサポート企業」として厚生労働大臣が認定する制度です。この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。
 
さらに、平成27年4月1日より、くるみん認定を既に受け、相当程度両立支援の制度の導入や利用が進み、高い水準の取組を行っている企業を評価しつつ、継続的な取組を促進するため、新たにプラチナくるみん認定がはじまりました。プラチナくるみん認定を受けた企業は、「プラチナくるみんマーク」を広告等に表示し、高い水準の取組を行っている企業であることをアピールできます。
 
このくるみん認定・プラチナくるみん認定の認定基準が令和4年4月1日から改正され、新たな認定制度がスタートします。
 
 

 

 令和4年4月1日から改正内容とは?

 

改正のポイントは以下のとおりです。
<ポイント1> くるみんの認定基準とマーク改正

①男性の育児休業等の取得に関する基準が改正
男性の育児休業等取得率 現行:7%以上 → 令和4年4月1日以降:10%以上
男性の育児休業等・育児目的休暇取得率 現行:15%以上 → 令和4年4月1日以降:20%以上

②認定基準に、男女の育児休業等取得率等を厚生労働省のウェブサイト「両立支援のひろば」で公表すること、が新たに加わります。

 

<ポイント2> プラチナくるみんの特例認定基準が改正

①男性の育児休業等の取得に関する基準が改正
男性の育児休業等取得率 現行:13%以上 → 令和4年4月1日以降:30%以上
男性の育児休業等・育児目的休暇取得率 現行:30%以上 → 令和4年4月1日以降:50%以上

②女性の継続就業に関する基準が改正
出産した女性労働者及び出産予定だったが退職した女性労働者のうち、子の1歳時点在職者割合
現行:55% → 令和4年4月 1 日以降:70%

 

<ポイント3> 新たな認定制度「トライくるみん」が創設

認定基準は、現行のくるみんと同じです。

※トライくるみん認定を受けていれば、くるみん認定を受けていなくても直接プラチナくるみん認定を申請できます。

 

<ポイント4> 新たに不妊治療と仕事との両立に関する認定制度が創設

認定基準は、現行のくるみんと同じです。

※トライくるみん認定を受けていれば、くるみん認定を受けていなくても直接プラチナくるみん認定を申請できます。

 

 
 
 
えるぼしもくるみんも、企業規模によって行動計画の策定と届出が義務づけられ、要件を満たしている企業が申請によって、厚生労働大臣の認定を受けられるという点では同じです。一方で、えるぼしは女性の活躍推進を行う企業が認定されるのに対して、くるみんは出産や育児の支援体制のある子育てサポート企業が認定されるという点が異なります。
 
そのほかにも、若者の採用や育成に積極的で雇用管理状況などが優良な中小企業を認定する「ユースエール認定」 制度労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善している企業を認定する「安全衛生優良企業認定」制度もあります。
 
どちらも認定を受けることにより、若者雇用促進法に基づく認定を受けた優良企業であるということや、安全・健康で働きやすい優良企業であることを対外的にアピールすることができるメリットがあります。
 
どの認定にも、さまざまな申請や対応が必要ですが、今回ご紹介したような制度のメリットもたくさんあります。是非、認定された企業の事例などを参考にしていただき、制度の知識を持って、自社の状況や今後の働き方の対策を検討した上で、取り組んでみていただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。対象の企業様は、今後の参考になりますと幸いです。
 

woman-recruitment-guidebook
▼無料でダウンロード▼
この資料ではこんなことを紹介しています
・女性採用をスタートする前に準備すべきこと
・女性が活躍できる環境づくりで企業が取り組むべきこと
・基本的な応募獲得のステップ
・ペルソナ設計のステップ・ポイント
・女性募集の求人広告で応募効果を上げる8つのポイント
・スカウトメールの活用テクニック

 資料をダウンロードする >

 

 

|関連記事

■ 毎月開催|人事向けオンラインセミナー
候補者を惹きつけ、内定辞退を防ぐ方法7パターン
■ 期間限定|人事セミナー見逃し配信動画
お見逃し配信0012_LPアイコン_04_22_04_25
■ エンジニア採用をご検討中の企業様向け
日本最大級!エンジニアに強い転職サイトtype
■ 女性採用をご検討中の企業様向け
正社員&契約社員の求人媒体なら女の転職type
■ エンジニア採用ノウハウをまとめた人気e-book
engineer-recruitment-guidebook
■ 女性採用ノウハウをまとめた人気e-book
woman-recruitment-guidebook
■ エンジニア採用情報お届けブログ
エンジニア採用情報お届けブログ-210812
■ 女性採用情報お届けブログ
女性採用情報お届けブログ_210812
" "