" "

【アンケート調査結果】9割の女性が「転職サイト」を転職活動で活用

Topics: 採用手法選定

コロナ女性志向変化

今回、女の転職type会員741名に「転職活動の方法」をテーマにアンケートを実施しました。

アンケートの結果、回答いただいた転職活動中の女性の約94%が、転職活動で利用している手法は「転職サイト」と回答しています。アンケートの結果とアンケート結果をもとに、企業が女性採用において活かせる点をご紹介していきます。

 

  •  
  •  CONTENTS
  1. どんな手法で転職活動をしていますか?
     現在、転職活動をしていますか?
     どんな手法で転職活動していますか?
  2. 転職活動で難しいこと、スムーズなことは?
     転職活動で、つまずきやすい(難しい)と思うものは?
     転職活動で、比較的スムーズ(簡単)と思うものは?
  3. 活用してみたい転職サービス・機能は?
     あったら活用してみたい転職サービス・機能は?
  4. 女の転職typeが採用実績多数の業界、職種とは?
  5. まとめ

 

(調査概要)
・アンケート実施期間/2021年2月18日~3月4日
・有効回答数/741名
・調査方法/女の転職type会員に対してWeb上で調査

 

  • .どんな手法で転職活動をしていますか?

 

 

Q.1 現在、転職活動していますか?

現在転職活動をしていますか

まずは現在の転職活動の状況について聞いたところ、「転職活動している」(81.8%)人が8割以上との結果になりました。アンケート対象が『女の転職type』会員だったことも影響していることが予測されますが、アクティブに転職活動を行っている女性の多さがうかがえます。

 

 

Q.2 どんな手法で転職活動していますか?

どんな手法で転職活動しているか

 

「転職サイト」を利用している人がトップで94.9%。次いで「転職エージェント」が56.8%、「求人まとめサイト(※)」が43.2%となりました。転職サイト利用者がトップとなりましたが、併用して転職エージェントや求人まとめサイトを活用する人が多いことが分かります。

 

💡 採用活動で活かせるポイント

採用活動において活かせる点として、まずはターゲット層が多い未経験採用や営業・販売・バックオフィス・介護保育といったポジション採用の場合は、多くの転職者の目にとまる転職サイトの掲載を検討してみること。加えて、ポジションや難易度によって複数の手法を併用することです。

特に、採用が難しいとされるエンジニアのポジションや管理職のポジションは転職サイトと併用して、転職エージェントやダイレクトリクルーティングといった手法を転職サイトと併用する企業が増えています。

 

また、3番目に多かった「求人まとめサイト」とは、『Indeed』や『求人ボックス』といったさまざまな求人サイトに掲載されている求人情報をまとめて検索できるサイトになります。多くの転職サイトでは、掲載すると自動転載される仕組みになっています。(アライアンス提携により転職サイトによって自動転載さされるまとめサイトは異なります)

 

 

 

  • .転職活動で難しいこと、スムーズなことは?

 

 

Q.3 転職活動で、つまずきやすい(難しい)と思うものは?

転職活動で難しい点


転職活動の中で、つまずきやすい(難しい)と思うポイントについては、半数以上の人が「志望動機作成」(58.4%)と「自己分析」(50.9%)を選択しています。自分自身の志向をまとめることや、客観的に自分を分析することが難しいと考える人が多いことが分かります。
「志望動機作成」よりも「求人選定」(39.4%)を難しいと感じる人の方が少ないことから、気になる求人を見つけた後に「なぜその求人を志望したのか」を整理することに難しさを感じている人が多いようです。

 

 

Q.4 転職活動で、比較的スムーズ(簡単)と思うものは?

転職活動でスムーズな点

 

反対に転職活動を進める上でスムーズなポイントについても聞いた結果、「履歴書作成」(45.7%)、「職務経歴書作成」(26.1%)が上位となりました。一方で、「特に簡単なものはない」を選択する人が3割との結果に。多くの人が、転職活動の中で課題にぶつかっていることが明らかになりました。

 

💡 採用活動で活かせるポイント

2020年の新型コロナウイルス感染拡大の影響で有効求人倍率が下がっていましたが、2021年以降、有効求人倍率も少しずつ回復傾向にあります。女性採用においても事務職、営業職、エンジニア職を中心に求人数が増加しています。

参考:【2021年6月】中途採用市場の最新動向|職種別動向・有効求人倍率・転職者の応募状況について(弊社まとめ)

優秀な人材を獲得するためにも、採用活動においては「書類選考」で見極めるのではなく、「面接」で見極めること=より多くの候補者と接点を持つことが大切です。上記のアンケート結果からもわかる通り、志望動機は、求人をみただけでは記載することが難しいと感じているので、書類段階での志望動機で線引きするのではなく、実際に面接を通して、企業理解を深めてもらい、志望度をあげるような選考をしていくことを心がけるといいでしょう。

参考: 【中途採用Web面接対策】自社の魅力の伝え方やノウハウ、転職者の志向性に合わせた動機づけ方法をご紹介(女の転職typeブログ)

 

 

 

活用してみたい転職サービス・機能は?

 

 

Q.5 あったら活用してみたい転職サービス・機能は?

活用したいツール

 

「自分に向いている仕事が分かる適職診断」(57.4%)や「自分と同じ経歴の人がどのような企業に転職したか分かる機能」(50.5%)など、企業や職種選定に関するサービスに注目が集まりました。また、「選考不通過の本当の理由が分かるサービス」(49.5%)も半数近い人が興味を持っています。

 

💡 採用活動で活かせるポイント

このアンケートの結果から、転職者側が求めている情報=企業が転職者にどのような内容を伝えていくべきか?がわかります。

回答結果の多い「自分に向いている仕事が分かる適職診断」や「自分と同じ経歴の人がどのような企業に転職したか分かる機能」から、自分と同じ境遇や志向の人の転職先や転職活動状況を求めていますので、例えば、自社求人の中でより具体的な転職者例を記載するのもいいでしょう。

転職者の一例)人材業界で、2年間法人向けの広告営業を経験していた方、某国内化粧品メーカーの販売職として百貨店勤務を経験していた方

また、求人の中で転職者インタビューの項目がある場合は、現在の仕事内容や仕事のやりがいだけを伝えるだけではなく、どうして自社へ応募したのか?選考の中で複数社の中から入社を決めた理由も記載することで、応募に向けた後押しや志望度を上げる工夫ができます。

参考:女性採用したい企業必見!女性の応募を集める求人の書き方・文言のポイント(女の転職typeブログ)

 

 

 

.女の転職typeでの採用実績多数の業界、職種とは?

 

では実際に女性採用を求人サイトで行う場合に、どの求人サイトを選択するか?ですが、女の転職typeの他社との違い、特徴をお伝えいたします。

 

(1)女性向け転職サイトとして、日本最大規模の会員数140万人

多くの総合サイトの女性専用サイトの場合はDBが同じですが、女の転職typeはtypeとは別のDBになります。

 

(2)正社員と契約社員の求人が9割以上

女性向けサイトでは、アルバイト求人や派遣求人が多いサイトも多数ありますが、女の転職typeは正社員で長く働きたい方向けの求人サイトの位置づけです。

 

(3)特に採用実績が多い職種は「営業・企画」「販売サービス」「事務・バックオフィス」「エンジニア」

 

① 女性営業・企画の採用事例

 

② 女性販売サービス職の採用事例

女の転職typeでの採用実績をまとめたページはこちらからご覧いただけます。

 

▼女の転職typeサービスサイトはこちら:https://woman-type.jp/keisai/

▼女の転職typeの特徴や他社との違いをまとめたパンフレットデータはこちらからダウンロードいただけます:https://info.type.jp/downloadpage-womantype_top

女の転職typeパンフレット

 

 

 

.まとめ



今回は女の転職type会員へのアンケート調査より、転職活動の方法や転職活動における難しい点をテーマにお伝えしました。

アンケート結果から、企業側の採用活動に活かせる点もいくつかご紹介させていただきましたので是非活かしていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
是非、今後の方針・対策などにお役立ていただければと存じます。

 

参考:9割の女性が「転職サイト」を活用。転職活動中の女性に聞いた、つまづきやすいポイントとは?【741名アンケート】

 


▼「コロナ禍の女性転職者の志向の変化」の資料を無料でダウンロードいただけます

コロナ禍の女性転職者の志向の変化-1

資料ダウンロードページへ移動する

■この資料はこんな企業様にオススメ
1.コロナ禍において求職活動中の女性の気持ちを知りたい
2.コロナの影響で変化した中途採用市場に関する情報が欲しい
3.コロナ禍の女性転職者の応募活動状況を知りたい

■この資料ではこんなことを紹介しています
1.コロナ禍の「キャリア不安」
2.コロナ禍前後の会社に対する印象
3.今後の働き方の希望とは?
4.コロナ禍の女性転職者の応募活動状況

 

▼関連ブログ

女性採用に用いられる採用手法は?手法別のメリット・デメリットまとめ

女性採用が企業にもたらす7つのメリット|デメリットはある?採用成功する手法は?

女性の9割が転職活動中!?コロナ禍で会社への印象が変わった女性の志向性の変化

【アンケート調査結果】自分には「手に職がない」と感じている女性が6割。

 

ブログTOPへ戻る

▼menu

女の転職typeサービスサイト_210811t
typeサービスサイトバナー(エンジニア)_210811t
オンラインウェビナーバナー_210811t
女性採用お役立ち資料
エンジニア採用情報お届けブログ-1

|PICK UP記事

人気記事ランキング

" "