" "

【2021年7月】中途採用市場の最新動向|職種別動向・有効求人倍率・転職者の応募状況について

Topics: 採用市場・市況, エンジニア採用, 営業職採用, 販売・サービス職採用, 転職者動向

人事アンケート_210618

政府は新型コロナウイルスの感染の再拡大が今もなお続く東京都に、7月12日から4回目となる緊急事態宣言を発令。この1年でテレワークの導入や生活様式の変化、徐々にコロナウイルスのワクチン接種なども進み、社会の状況は変化してきました。今回も1年前と比較した中途採用活動の市場について、最新の職種別動向や有効求人倍率をふまえ、転職者の応募状況についてお伝えしていきたいと思います。

 

CONTENTS

2021年5月の労働力調査結果
 (1)有効求人倍率1.09倍 前月と同じ水準

 (2)産業別就業者数の増減

2021年6月の女性転職者の応募傾向、属性
 (1)女の転職type職種別求人数、応募数推移(エンジニア、営業、サービス販売)
 (2)女の転職type職種別応募数推移(介護医療福祉、クリエイティブ、事務)

さいごに

 
 

 

1|2021年5月の労働力調査結果

 
  
 
 

1-1.|有効求人倍率1.09倍 前月と同じ水準

 
厚生労働省が2021年6月29日に発表した全国の5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.09倍で、前月と同じ水準になりました。総務省が発表した5月の完全失業率(季節調整値)は3.0%と前月に比べ0.2ポイント上昇、5月の完全失業者は211万人と前年同月比で13万人の増加。16か月連続の増加となりました。
 
正社員は前年同月に比べ22万人増えて12カ月連続で増加、さらに非正規は16万人増え、2カ月連続の増加となりました。
 
有効求人倍率(2021年5月)
 
 

 

 

1-2.|産業別就業者数の増減

 
5月の全国の新規求人は前年同月と比較すると7.7%増となりました。産業別就業者を前年同月と比べると、製造業(30.3%増)、生活関連サービス業,娯楽業(21.7%増)、サービス業(他に分類されないもの)(15.8%増)などで増加となり、卸売業,小売業(5.3%減)は減少となりました。さらに、「不動産業・物品賃貸業」、「金融業・保険業」、「運輸業・郵便業」もマイナスとなりました。「情報通信業」、「医療・福祉」、「教育・学習支援業」は対前年同月と比較すると増加していることが分かりました。

 

参考

厚生労働省|一般職業紹介状況(令和3年5月分)について
総務省統計局|労働力調査(基本集計) 2021年(令和3年)5月分結果

 
 
 

 

2|2021年6月の女性転職者の応募傾向、属性

    •  
  
 
 

2-1.|女の転職type職種別求人数、応募数推移(エンジニア、営業、サービス販売)

 
下図は、1回目の緊急事態宣言が発令された2020年5月の女の転職typeの求人数と応募数のデータを1として比較した各月のデータの推移になります。※2021年6月末時点
 
エンジニア、技術者、IT・システム系(6月時点) 営業・企画・マーケティング系(6月時点)

サービス・販売系(6月時点)

※2020年5月の数値を「1」とした場合

◆エンジニア、技術者、IT・システム系:求人数対前年5月比178%、応募数対前年5月比113%

エンジニア、技術者、IT・システム系の求人数は先月と比較すると若干下がりましたが、昨年5月から見ると引き続き伸びている結果となっています。応募数も対前年比113%と転職者は6月も去年の緊急事態宣言中より活動してる人が多いということが分かります。採用競争が激化する中で各企業が採用数を確保するための案の一つとして、女性をメインターゲットにした採用をおすすめします。こちらでご紹介しているブログでは女性採用にフォーカスした理由をまとめています。

ITエンジニア採用市場における女性エンジニアの動き

エンジニア採用で今注目される「女性エンジニア」- 採用成功のポイントや採用動向を紹介!

 

◆営業・企画・マーケティング系:求人数対前年5月比212%、応募数対前年5月比110%

営業職の求人数推移は対前年比212%と、求人ニーズは回復傾向にあります。リモートワークの普及により、対面より研修が難しくなることから、経験者採用が増えてきています。インサイドセールスやフィールドセールスといった職種、カスタマーサクセスといった職種は今後もどんどん採用活動が活発化していきそうです。

◆サービス・販売系:求人数対前年5月比156%、応募数対前年5月比148% 

サービス・販売系の職種求人数、応募数ともに増えています。デリバリーや物流などはコロナ禍においても業績が伸びているため、求人数増加に影響していると思われます。2021年6月の応募数を職種別でみると接客・販売(飲食・レジャー・雑貨)、アパレル・ファッションやエステティシャン、セラピストが人気となっております。
 
 
 
 
 
 
 

2-2.|女の転職type職種別応募数推移(介護医療福祉、クリエイティブ、事務)

 
下図は、女の転職typeの応募数のデータにて1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月~2021年6月まで応募数の推移になります。どの職種も応募総数の対前年4月比が上がっており、転職者が活発に動いていることが分かります。※2021年6月末時点

 介護・医療・福祉系(6月時点) クリエイティブ系(6月時点)
事務・経理・人事系(6月時点)
 

◆介護・医療・福祉系:応募数対前年4月比190%

全職種の中で、対前年比が最も高い結果となりました。2021年5月の全体の転職者の内訳をみてみると、サービス・販売系経験者からの応募が35%、事務・経理・人事系経験者からの応募が23%、次に介護・医療・福祉系経験者からの応募が21%という結果でした。引き続き今後も応募が増える職種となるでしょう。

また、令和3年度の介護報酬が0.7パーセントの引き上げがを行うことを政府が発表しました。新型コロナウイルス感染症や大規模災害が発生する中で「感染症や災害への対応力強化」を図るとともに、団塊の世代の全てが75歳以上となる2025年に向けて、2040年も見据えながら、「地域包括ケアシステムの推進」、「自立支援・重度化防止の取組の推進」、「介護人材の確保・介護現場の革新」、「制度の安定性・持続可能性の確保」を図ることになります。改定ポイントの中には、介護をする人を増やすためや、介護職員の待遇を改善したり職場環境を良くしたりすることの重要性に注目が集まっている内容が書かれています。

出典:厚生労働省「令和3年度介護報酬改定の主な事項について」

◆クリエイティブ系:応募数対前年4月比170%

クリエイティブ系の応募数も引き続き増えてきています。特にクリエイティブ職の募集をしている業界はオンライン面接の導入が進んでいる傾向なので、転職者側も活動が進めやすくなっています。新型コロナウイルスの感染拡大によって新しい働き方の必要性に伴い、DXに取り組む企業が増えたため、特にWebディレクターやWebデザイナーなどの求人数が増えています。

◆事務・経理・人事系:応募数対前年4月比111%

事務職は応募数対前年4月比111%。2021年6月、応募者の経験職種の属性を見てみると、事務・経理・人事系が47%、サービス販売系が25%、次に営業・企画・マーケティング系15%という結果になりました。

 

 
 
 
 

3|さいごに

  •  
  
新型コロナの収束の兆しが見えないなかではありますが、転職者は毎年上半期の仕事が一段落したお盆休暇時に、まずは情報収集から転職活動を始める傾向にあります。準備から採用するまでには、約2~3か月の期間を要すため、秋採用をお考えの企業様は7~8月に採用活動を始められると良いでしょう。転職者は時間がない中で活動を行うため、時期を狙って求人広告の露出を増やしたりしてみると良いと思います。是非中途採用をお考えの方に参考になれば幸いです。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
  
 

 最新のマーケット状況・最新データ関連まとめはこちらから無料でダウンロード!

jobmarket202106-top

■この資料はこんな企業様にオススメ
💡採用マーケットの動向について知りたい
💡女の転職typeの応募効果について知りたい

■この資料ではこんなことを紹介しています

💡新規求職・求人推移/有効求人倍率推移
💡求人数データ(全体・職種別)
💡年代・経験職種別 応募数前年比較
💡女の転職type検索キーワードランキング

マーケット状況・最新データまとめをダウンロードする

  •  
    • エンジニア経験者の応募獲得にお悩みの企業様向けにセミナーを開催します!

    エンジニアの応募獲得のために外せないポイントとは?

    • エンジニアの経験者応募のために、
      外せない項目や広告上のコツを解説
      ・転職者の心理
      ・エンジニアの志向
      ・求人広告でおさえるポイント
    • を徹底解説します!
    •  

    • このセミナーに参加する
     

     

▼関連記事


 

▼ブログTOPに戻る

▼menu

女の転職typeサービスサイト_210811t
typeサービスサイトバナー(エンジニア)_210811t
オンラインウェビナーバナー_210811t
女性採用お役立ち資料
エンジニア採用情報お届けブログ-1

|PICK UP記事

人気記事ランキング

" "