愛知県の有効求人倍率とは?地方採用のポイントも解説!

Topics: 10_採用市場・市況

愛知県の有効求人倍率は、2023年9月現在1.37倍で、全国平均値を上回っています。

愛知県の有効求人倍率や新規求人倍率を、全国や東海エリアの県別にまとめてみました。また、名古屋、尾張、西三河、東三河の地域別の求人倍率もお伝えします。

地方エリアで採用成功するためのポイントもご紹介しているため、ぜひ採用活動にお役立てください。

 

💡 この記事を読んだ方におすすめの資料

【無料e-book配布中】中途採用市場マーケット動向(最新版)

job-market-trend

・新規求職・求人推移/有効求人倍率推移
 ・求人数データ(全体・職種別)
 ・年代・経験職種別 応募数前年比較
 ・女の転職type検索キーワードランキング 資料をダウンロードする >

 

 

 CONTENTS

  1. 愛知県の求人倍率

    1-1 愛知県の有効求人倍率、新規求人倍率
    1-2 都道府県別有効求人倍率の比較
  2. 東海エリア県別の求人倍率

    2-1 東海エリア全体の有効求人倍率、新規求人倍率
    2-2 東海エリア県別の有効求人倍率
  3. 地方採用を成功させる7つのポイント

    3-1 全国の求職者を対象として人材募集する
    3-2 地方募集のポイントを打ち出してUIJターン希望者の興味を引く
    3-3 検索されやすいキーワードを盛り込みSEO対策をする
    3-4 地方ならではの小ネタやメリットをアピール
    3-5 移住時の負担軽減につながるサポートを行う
    3-6 スカウトメールを活用する
    3-7 オンライン採用に対応できるようにする



 

1|愛知県の求人倍率

愛知県の有効求人倍率、新規求人倍率と、都道府県別の有効求人倍率の比較をご紹介します。(※令和5年7月分)

 

 

 

 

1-1.愛知県の有効求人倍率、新規求人倍率

愛知県の有効求人倍率や新規求人倍率を、求人数や求職者数とともにまとめました。

愛知県の有効求人倍率は1.37倍で、2か月連続で上昇しています。一方で、新規求人倍率は2.40倍、3か月ぶりに低下しています。

有効求人倍率・求人数・求職者数(季節調整値)
有効求人倍率 1.37倍 対前月+0.02ポイント
有効求人数 135,041人 対前月+1.5%
有効求職者数 98,784人 対前月+0.6%
新規求人倍率・求人数・求職者数(季節調整値)
新規求人倍率 2.40倍 対前月-0.23ポイント
新規求人数 45,214人 対前月-3.1%
新規求職者数 18,833人 対前月+6.0%

参考:愛知労働局「令和5年7月分最近の雇用情勢

 

また、求人倍率の推移は次のとおりです。

愛知県求人倍率の推移

参考:愛知労働局「令和5年7月分最近の雇用情勢

 

(1)地域別の求人倍率

愛知県の地域別の新規求人倍率と有効求人倍率をまとめました。

地域別で見ると、「名古屋」はほかの地域と比較して有効求人倍率が高いことがわかります。

  新規求人倍率 有効求人倍率
名古屋 3.18倍 1.69倍
尾張 2.28倍 1.11倍
西三河 1.99倍 1.04倍
東三河 1.83倍 1.05倍

※新規学卒を除き、パートタイムを含む原数値
※「名古屋」は名古屋中、名古屋南及び名古屋東の各公共職業安定所取扱数計
※「尾張」は一宮、半田、瀬戸、津島、犬山及び春日井の各公共職業安定所取扱数計
※「西三河」は岡崎、豊田、刈谷(碧南出張所含む)及び西尾の各公共職業安定所取扱数計
※「東三河」は豊橋、豊川(蒲郡出張所含む)及び新城の各公共職業安定所取扱数計

参考:愛知労働局「「最近の雇用情勢(有効求人倍率等)」など

 

 

 

 

1-2.都道府県別有効求人倍率の比較

都道府県別の有効求人倍率を見てみましょう。

都道府県別有効求人倍率

参考:愛知労働局「令和5年7月分最近の雇用情勢

 

有効求人倍率の全国平均は1.29倍のため、有効求人倍率が1.37倍である愛知県は平均値を超えていることがわかります。また、有効求人倍率が最も低いのは神奈川県の0.92倍、最も高いのが東京都の1.79倍で、約2倍の差があります。

有効求人倍率が高い上位3都道府県は、東京都(1.79倍)、福井県(1.76倍)、石川県(1.60倍)です。一方で、有効求人倍率が低い3都道府県は、神奈川県(0.92倍)、兵庫県(0.99倍)、千葉県(0.99倍)です。

 

 

 

2|東海エリア県別の求人倍率

愛知県が含まれる、東海エリア全体と県別の求人倍率をご紹介します。(※令和5年7月分)

 

 

 

 

2-1.東海エリア全体の有効求人倍率、新規求人倍率

東海エリア全体の有効求人倍率は1.34倍、新規求人倍率は2.31倍です。有効求人倍率は、全国の求人倍率(1.29倍)よりも0.05ポイント高くなっています。また、新規求人倍率も、全国の求人倍率(2.27倍)より0.04ポイント高いです。

東海エリア全体の求人倍率
有効求人倍率 1.34倍(全国比+0.05ポイント) 対前月-0.01ポイント
新規求人倍率 2.31倍(全国比+0.04ポイント) 対前月-0.14ポイント

参考:愛知労働局「令和5年7月分最近の雇用情勢

 

 

 

 

2-2.東海エリア県別の有効求人倍率

東海エリア県別(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)の有効求人倍率は、次のように推移しています。

東海エリア県別の有効求人倍率の推移

※令和4年7月から令和5年7月までの推移

参考:愛知労働局「令和5年7月分最近の雇用情勢

 

東海エリア県別では、岐阜県の有効求人倍率がほか3県や全国と比較して大幅に高い傾向です。また、愛知県の有効求人倍率は、ほか3県や全国と比較すると、令和5年7月において唯一上昇しています。

東海エリア県別と東海エリア全体、全国の有効求人倍率と新規求人倍率の数値は下表のとおりです(令和4年7月から令和5年7月まで)。

有効求人倍率
  4年7月 8月 9月 10月 11月 12月 5年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
全国 1.28 1.31 1.32 1.34 1.35 1.36 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29
東海 1.39  1.42 1.43 1.43  1.44  1.44 1.42  1.40  1.35  1.33  1.34  1.35  1.34
愛知 1.37 1.40  1.41  1.43  1.43 1.44  1.42  1.40  1.34  1.32  1.32  1.35  1.37
岐阜 1.66 1.68 1.68 1.68  1.69 1.70  1.67 1.64 1.61 1.56  1.58  1.56  1.56
三重 1.41 1.42  1.43  1.43 1.44  1.43  1.41  1.41  1.34  1.33 1.31  1.29  1.27
静岡 1.29 1.30 1.32 1.32 1.34 1.32  1.29 1.27 1.23  1.24  1.26  1.26 1.22
新規求人倍率
  4年7月 8月 9月 10月 11月 12月 5年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
全国 2.32 2.30 2.30 2.33  2.38  2.38  2.38  2.32  2.29  2.23 2.36 2.32 2.27
東海 2.52  2.53  2.48  2.48  2.47  2.47 2.42 2.35 2.27  2.20  2.45  2.45  2.31
愛知 2.53  2.60 2.47 2.49 2.49 2.48  2.50 2.46  2.26 2.18  2.59 2.63 2.40
岐阜 2.89 2.90 2.85 2.95  2.89 2.82  2.87 2.70 2.59 2.49 2.74  2.64 2.61
三重  2.39 2.35  2.33 2.27  2.29 2.36 2.19  2.07 2.11 2.01 2.20  2.12  2.00
静岡 2.38 2.31 2.37 2.32 2.27 2.31 2.14 2.09  2.17 2.19  2.18 2.21  2.15

※受理地別

参考:愛知労働局「令和5年7月分最近の雇用情勢

 

💡 この記事を読んだ方におすすめの資料

 

【無料e-book配布中】中途採用市場マーケット動向(最新版)

job-market-trend

・新規求職・求人推移/有効求人倍率推移
 ・求人数データ(全体・職種別)
 ・年代・経験職種別 応募数前年比較
 ・女の転職type検索キーワードランキング 資料をダウンロードする >

 

 

 

 

 

3|地方採用を成功させる7つのポイント

地方採用を成功させたい企業は、下記7つのポイントを意識して採用活動をすることをオススメします。

・全国の求職者を対象として人材募集する
・地方募集のポイントを打ち出してUIJターン希望者の興味を引く
・検索されやすいキーワードを盛り込みSEO対策をする
・地方ならではの小ネタやメリットをアピール
・移住時の負担軽減につながるサポートを行う
・スカウトメールを活用する
・オンライン採用に対応できるようにする

地方採用では、地元の居住者だけでなく、地元出身者や地方に興味のある人材に届くように求人を出すことが大切です。

ポイントを詳しく解説していきます。

 

 

 

 

3-1.全国の求職者を対象として人材募集する

地方採用をする場合でも、全国の求職者を対象として人材募集しましょう。

総務省の調査によると、令和3年度における移住に関する相談件数は全国で323,931件あり、うち、愛知県の相談件数は6,883件でした。令和3年度の全国の相談件数は、調査を開始した平成27年度(141,683件)の約2.3倍になります。

全国の移住に関する相談件数

参考:総務省「令和3年度における移住相談に関する調査結果(移住相談窓口等における相談受付件数等)

 

全国の求職者を対象として採用活動を行なった場合、地方移住に興味のある求職者からの応募を集められるかもしれません。

 

 

 

 

3-2.地方募集のポイントを打ち出してUIJターン希望者の興味を引く

求人広告では、求職者の目を引くTOP画像に地方募集のポイントを打ち出すことが大切です。どの都道府県や市区町村で、どのような仕事をするのか、待遇はどのような感じなのかなど、アイキャッチでポイントをわかりやすく伝えてアピールしましょう。

都道府県名や市区町村名が明示されていれば、どこで人材募集しているのかが一目でわかるため、興味を持ったUIJターン希望者が求人広告を読んでくれる可能性があります。

 

 

 

 

3-3.検索されやすいキーワードを盛り込みSEO対策をする

求人広告を作成する際には、検索されやすいキーワードを盛り込み、SEO対策をしましょう。求職者が転職先を探す媒体は、転職サイト以外にGoogleやYahoo!などの検索エンジンが挙げられます。

SEO対策をしていれば、検索エンジンで検索された場合も求人広告が表示され、求職者に訴求できる機会が増えるでしょう。具体的なSEO対策としては、「地域名 転職」「地域名 求人」などで検索されやすいため、求人広告のなかに沿線の鉄道や道路名などを細かく記載することをオススメします。

■ 記載例

※駅&バス通勤の場合
・名古屋駅バスターミナル6番乗り場 中切町行き(バスで25分)

※車通勤の場合
高岳駅から国道41号(名濃バイパス)を北上(約15分)

※その他
オフィスは〇〇通りのそばにあります。

 

 

 

 

3-4.地方ならではの小ネタやメリットをアピール

地方ならではの小ネタやメリットを記事に入れて求職者にアピールすると、共感を呼んで応募意欲が上がる可能性があります。

例えば、愛知県の場合、次のような小ネタやメリットが考えられるでしょう。

■ 記載例

・愛知県豊田市は、ものづくり中枢都市でありながら、市域の約7割が森林という自然豊かな場所です。

・愛知県犬山市は国宝犬山城と城下町がある観光都市。名古屋まで電車で約25分とアクセスもよく、通勤・通学も便利です。

・愛知県知多市は、梅林や海水浴場といった自然がいっぱい。中部国際空港も近いため、仕事終わりにそのまま旅行もできちゃいます。

 

総務省の移住者に対する調査によると、移住をした理由の1位が「気候や自然環境に恵まれたところで暮らしたいと思ったから」、2位が「それまでの働き方や暮らし方を変えたかったから」、3位が「都会の喧騒を離れて静かなところで暮らしたかったから」でした。

参考:総務省「過疎地域への移住者に対するアンケート調査

 

求人広告に掲載する小ネタやメリットに悩んだ際には、移住に関するデータを参考にしながらペルソナを設計すると、求職者の関心をより高められるでしょう。

 

 

 

 

3-5.移住時の負担軽減につながるサポートを行う

転職にあたり移住が必要な場合、引っ越し費用や住居費用などを心配する求職者は多いでしょう。そのため、移住への不安払拭となるようなサポートを実施し、求人広告でアピールすることをオススメします。

例えば、「引っ越し補助金上限〇万円」「住宅手当(家賃の〇割負担)」を求人広告に打ち出したり、実際に活用している社員がいることを載せたりすると、求職者の移住に関する心配が軽減し、応募しやすくなると考えられます。

また、自社での引っ越しサポートなどが難しい場合でも、自治体で移住をサポートしているケースもあるため、確認して自治体のサポートがある旨とサイトのURLを求人広告に載せるといいでしょう。

 

 

 

 

3-6.スカウトメールを活用する

スカウトメールを活用して、自社の求人情報を多くの求職者に届けましょう。従来の採用活動では、求人広告を掲載して求職者からの応募を待つのが一般的でしたが、現在の売り手市場で待ちの姿勢でいると、自社の求人広告が他社の求人広告に埋もれたり、知名度の高い企業に注目が集まったりして、応募を集められない可能性が高いです。

そのため、スカウトメールを活用して自社の求人情報を多くの求職者に知ってもらい、応募を促すことが大切です。自社と遠方にいる求職者にスカウトメールを送る場合は、地方に住む魅力や利用できるサポート制度も併せて伝えると、地方へ転職することのハードルが下がるかもしれません。

 

■ スカウトメールの意味や書き方の詳細はこちら
【例文付き】返信率UP!スカウトメールの効果的な書き方のコツを紹介!例文付き

 

 スカウトメールの文面のコツ・職種別の文面例をまとめたe-bookを無料で提供中!
 
【type】応募率を高める!スカウトメールのコツ・文面例
 
スカウトメールの文面作成のポイント、職種別の文面例をまとめたe-bookを無料でダウンロードいただけます!
 資料をダウンロードする >
 

 

 

 

 

3-7.オンライン採用に対応できるようにする

地方採用をする場合、オンラインで採用を進められるようにすると、求職者は応募しやすくなるでしょう。求職者の居住地と企業の所在地が離れている場合、求職者は面接のたびに何度も企業に足を運ぶことになるため、時間的コストや交通費がかかります。

一方で、オンラインで面接や適性検査、試験などを行えるようにしておけば、求職者は移動などの負担なく選考を受けられます。企業説明会や面談もオンライン化すると、より多くの求職者に自社を知ってもらえる可能性が高まるでしょう。

選考をオンライン化する場合は、通信トラブルなどが起きないように、自社の通信環境を整え、テストしておくことが大切です。また、オンラインの選考に慣れていない求職者は、ツールの使い方が分からなかったり、通信環境に不安を抱えていたりすることもあります。そのため、適宜フォローしたり、場合によっては対面での選考も可能なことを伝えたりして、求職者に寄り添った対応を心がけましょう。

 

💡 中途採用を成功させるためにやるべきチェックシートなどをまとめた人気資料はこちら

  無料e-book「あなたの企業はいくつできてる?あなたの企業はどれくらいできてる?中途採用成功のためにやるべきことまとめ」
採用成功のための30項目チェックシートつき
 
recruitment-know-how
各選考フローにおいて、課題となりやすいポイントとその対策について解説したe-book。書類選考基準におけるポイントや、選考における動機づけの仕方などご紹介
資料をダウンロードする  >

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

💡 女性の正社員・契約社員採用なら「女の転職type」にお任せください

womantype-pamphlet
 女の転職typeは、日本最大級の
女性の正社員・契約社員採用に強い転職サイトです。
女性採用をご検討の際にはぜひご相談ください。
 資料をダウンロードする >

 サービスサイトを見る > 

 

▼ブログTOPに戻る

|関連記事

■ 運営会社

type女の転職type

 

株式会社キャリアデザインセンターは、転職サイト「type」「女の転職type」をはじめ、Webマガジンを運営する会社です。エンジニア・営業職・女性の中途採用を強みとした採用支援サービスを展開しています。

「type」サイト:https://type.jp/keisai/
「女の転職type」サイト:https://woman-type.jp/keisai/

■ エンジニア採用をご検討中の企業様向け
TOP_エンジニア_スマホ版
■ 女性採用をご検討中の企業様向け
正社員&契約社員の求人媒体なら女の転職type
■ 最新版!中途採用状況アンケート結果
recruitment-survey-03-202311

今人気のオススメ記事

■ 関連ブログ

エンジニア採用向けブログ

中途採用向けブログ

ブログ購読希望の方はこちら

採用業務に役立つ新着記事や資料、セミナー情報をお届けします!